フロントエンドエンジニアの業務では、プログラミング言語を多用してウェブサイトの設計を行います。且つ、サイトに実装する作業やサイトの情報の構造を考案するなど幅広い役割を担う存在です。

これまではウェブデザイナーがこれらの業務を請け負うことが一般的でしたが、フロントエンドエンジニアという職種の役割と専門性が広く普及し始めたことにより、このエンジニア職の役割が明確になりつつあります。

これまではウェブデザインを手掛けたスタッフが、プログラミングの知識を駆使してウェブサイトに必要なコーディングを行う事が一般的でした。しかし、最新のプログラミング技術を駆使したサイトを構築する際には複数の言語に精通している事も必要で、デザインのスキルのみでは対応できないケースも多くなってきました。従って、フロントエンドエンジニアがこの役割を担う形に変化してきたのです。

この種のエンジニアは、デザイン等の作業に携わる時間は短くなりますが、サイトのコーディング作業により長い時間を費やす事になります。また、エンジニアの対応すべき範囲が携帯端末の分野にまで普及した事により、その活躍の場も大きく広がりました。

現場ではユーザーの使いやすいサイトを構築するために複数のプログラミングを駆使してコーディングを行う業務がメインになります。その為、適切なプログラミング言語の知識を有し、機能性に長けたサイトをつくることが求められます。